コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差し扇 サシオウギ

デジタル大辞泉の解説

さし‐おうぎ〔‐あふぎ〕【差し扇】

扇をかざして顔を隠すこと。また、その扇。
「この上は―をのけられ候へ」〈謡・藤栄〉
儀式などの際、女官がかざして顔を隠す檜扇(ひおうぎ)
能の舞の型の一。左・右と二歩後退しながら扇を右側から大きく上げ、前方に水平に出す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

差し扇の関連キーワード女官檜扇

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android