コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二歩 ニフ

4件 の用語解説(二歩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

に‐ふ【二歩】

将棋で、禁じ手の一。同一の筋に味方の歩を二つ置くこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

にふ【二歩】

将棋の禁じ手の一。同じ縦の筋に二個の歩を打つこと。

にぶ【二歩】

単位で、一歩いちぶの二倍。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

二歩

将棋において、同じ縦列(筋)に自分の歩兵を2枚置くこと。二歩を打った時点で負けとなる禁じ手で、将棋の反則としては最も多く起こる初歩的なもの。一般に、同じ局面が繰り返し現れてしまう「千日手(せんにちて)」が増えてしまうことが、二歩を禁じている理由とされる。2015年3月8日に放映された「第64回NHKテレビ将棋トーナメント準決勝で、プロ棋士としては珍しく、二歩で勝負が結着した。

(2015-3-11)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の二歩の言及

【将棋】より

…(5)相手の王を詰めれば勝ちだが,不注意で王が取られた場合は,取られたほうが負けとなる。(6)同じ縦の列に味方の歩を2枚置く〈二歩〉は禁じられている(図8のa)。(7)歩を打って王を詰めてはいけない(打ち歩詰め)。…

※「二歩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

二歩の関連キーワード禁じ手持将棋封じ手一身に味方なし禁手打歩詰継歩手合割振駒

二歩の関連情報