檜扇(読み)ヒオウギ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐おうぎ〔‐あふぎ〕【×檜扇】

ヒノキの細長い薄板を重ね、上端を糸で下端を要(かなめ)で留めた。近世の板の数は、公卿は25枚、殿上人は23枚、女子は39枚。男子のものは白木のままとするが、女子のものは、大翳(おおかざし)・衵扇(あこめおうぎ)ともいい、表裏ともに美しく彩色し、親骨に色糸を長く垂らして装飾とした。→
アヤメ科の多年草。本州中部以西の山野に自生。剣形の葉が2列に互生し、扇形に広がる。夏、黄赤色で内側に多数の暗紅色の斑点をもつ6弁花を開く。実は秋に熟すと裂け、光沢のある黒い種子を現し、うばたま・ぬばたまとよばれる。からすおうぎ。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

檜扇【ひおうぎ】

ヒノキの薄板20〜30枚をつづり合わせた板扇。平安時代から束帯,衣冠などの服飾品として用いられ,(しゃく)の代用ともされた。近世には板数も公卿は25枚,殿上人は23枚と区別された。童子は杉横目の扇に彩絵(いろえ)を施したものを用いた。女子の檜扇は一名衵(あこめ)扇という。
→関連項目衣冠

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

檜扇 (ヒオウギ)

動物。イタヤガイ科の二枚貝

檜扇 (ヒオウギ)

学名:Belamcanda chinensis
植物。アヤメ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の檜扇の言及

【扇面画】より

…扇絵ともいう。日本の扇は,ヒノキ(檜)の薄板を綴じ合わせた檜扇(ひおうぎ)と,紙を折りたたみ竹の骨をつけた蝙蝠扇(かわほりおうぎ)の2種が平安時代以来用いられた。前者は儀礼用で,実際に涼をとるのに用いられたのは夏扇と呼ばれた後者である。…

【束帯】より

…武家も将軍以下五位以上の者は大儀に際して着装した。束帯の構成は(ほう),半臂(はんぴ),下襲(したがさね),(あこめ),単(ひとえ),表袴(うえのはかま),大口,石帯(せきたい),魚袋(ぎよたい),(くつ),(しやく),檜扇,帖紙(たとう)から成る。束帯や十二単のように一揃いのものを皆具,あるいは物具(もののぐ)といった。…

※「檜扇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

檜扇の関連情報