差つ押えつ(読み)さいつおさえつ

  • さい
  • さし
  • つ 押(おさ)えつ

精選版 日本国語大辞典の解説

「さし(差)つ押えつ」の変化した語。
※咄本・聞上手三篇(1773)建立「茶わんだしての酒ごと。さいつおさへつする内に」
[補注]「改正増補和英語林集成」(一八八六)には「Saetsu-osaetsu サヘツオサヘツ」の形もみられる。
他の人の杯に酒をさしたり、他の人がさそうとするのを押しとどめたり。盛んに杯に酒をつぐさま。さいつおさえつ。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「つれをふたりさしつおさへつのみかけ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android