コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安愚楽鍋 あぐらなべ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安愚楽鍋
あぐらなべ

仮名垣魯文滑稽本。 1871~72年刊。「牛店雑談 (うしやぞうだん) 」の角書がある。式亭三馬の『浮世床』の髪結床,『浮世風呂』の銭湯に代えて,舞台を文明開化の新風俗として出現した牛鍋屋に移し,そこに集るさまざまな客の風態,会話を諧謔をまじえて描いた作品。「西洋好の聴取」「堕落者 (なまけもの) の廓話」など 18節から成る。新時代との対応を急ぐ戯作者の限界を示しただけの作品だが,筆致は意外に写実的で,開化期の風俗をうかがう資料に利用できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あぐらなべ【安愚楽鍋】

仮名垣魯文(かながきろぶん)の戯作(げさく)。3編5冊。1871‐72(明治4‐5)年出版。角書(つのがき)に〈牛店雑談〉とある。文明開化の訪れを楽しむ庶民の実態を,あぐらをかいて食べる安直な牛鍋屋の座敷に凝縮して再現した作品。登場人物は田舎侍,工人,生(なま)文人,娼妓,商人といった庶民階級で,精細な人物描写と会話に写実味があり,その写実を通して,無批判かつ安直に開化の現実を受け入れている庶民の生活意識と風俗を浮彫にする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あぐらなべ【安愚楽鍋】

小説。仮名垣魯文作。1871(明治4)~72年刊。牛鍋を囲む庶民の雑談の形で、文明開化の世相を滑稽に描く。牛店雑談安愚楽鍋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安愚楽鍋
あぐらなべ

仮名垣魯文(かながきろぶん)の戯作(げさく)小説。3編5冊。1871~1872年(明治4~5)刊。「牛店雑談(うしやぞうだん)」の角書(つのがき)がある。明治維新後、東京市中に続々と開業した牛鍋(ぎゅうなべ)屋を舞台に、あぐらをかいて牛鍋をつつきながら気楽なおしゃべりを交わす庶民の生態を、滑稽本(こっけいぼん)風の手法で生き生きとスケッチした作品。田舎(いなか)武士、職人、生(なま)文人、芸者、商人などの登場人物の会話のなかには、蒸気車、伝信機(てれがらふ)、こうもり傘など、開化の文物が縦横に取り上げられている。風俗のレベルで「文明開化」を摂取した庶民の反応を的確にとらえた魯文一代の傑作である。[前田 愛]
『『明治文学全集1 明治開化期文学集(1)』(1966・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の安愚楽鍋の言及

【牛鍋】より

…明治に入ると政府は肉食奨励に乗り出し,69年(明治2)9月東京築地に牛馬会社を設立,72年1月には天皇が牛肉を試食している。その前年刊行された仮名垣魯文(かながきろぶん)の《安愚楽鍋(あぐらなべ)》には〈牛鍋食はねば開化不進奴(ひらけぬやつ)〉とあり,すでに牛なべは文明開化を象徴する食べものになっていた。77年ごろには牛なべをあきなう店が急増し,東京では488軒を数えたというが,とくに大衆的普及にあずかって力のあったのは81年ごろ〈いろは四十八店〉を目標に,木村荘平(木村荘八らの父)が開業した〈いろは〉であった。…

※「安愚楽鍋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

安愚楽鍋の関連キーワード根っ切り葉っ切り濡れしょぼたれるどうなりこうなり腹組み・腹組結わい付ける引き風・引風知った振りドロンケン叩き分け立付ける選り嫌い一文不通ドンタクしたぼう頭手合い叩き別けこれさ紺四郎潮待ち帰り足

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android