コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市場別価格付け しじょうべつかかくづけPricing to Market; PTM

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市場別価格付け
しじょうべつかかくづけ
Pricing to Market; PTM

輸出企業がそれぞれの市場の情勢,市場戦略に応じて価格付けを変えること。具体的には,市場の需要,季節性,為替レート,政治状況という特殊事情を考慮し,市場シェア確保などの企業戦略に基づいて行なわれる価格付けのこと。たとえば,新規に参入する市場については,市場シェアの拡大を優先するために低い価格で対応するとか,日本の場合,円高に対し市場シェアを維持するために価格の引き上げを行なわない場合などがある。このような価格付けの結果,企業の利潤率は市場ごとに異なることになる。これが,ダンピング訴訟問題を引き起こす場合もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android