コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利潤率 リジュンリツ

百科事典マイペディアの解説

利潤率【りじゅんりつ】

労働力が新たに作りだした剰余価値を,総投下資本(生産手段の価値たる不変資本+労働力価値たる可変資本)で除し,可変資本が年に数回転する場合はこれにその回転数を乗じた比率。技術の発展に伴い不変資本が可変資本に比べて増大するので利潤率(この場合は平均利潤率)は低下する傾向をたどる。→剰余価値率
→関連項目利潤

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の利潤率の言及

【古典派経済学】より

…分配論では,賃金基金説や労賃・利潤対抗論や差額地代論などを用いて労賃・利潤・地代の決定を論じる。蓄積論では,純生産物をふやし貯蓄を行うことで蓄積は進むとするほか,蓄積にともなう分配率の趨勢として利潤率の低下を説いた。一部の主題だけを扱った論者を含めて,このような近代社会観,方法,理論をうけいれている人たちが古典派の経済学者であった。…

【資本論】より

…第2巻は,第1編〈資本の姿態変換とその循環〉,第2編〈資本の回転〉,第3編〈社会的総資本の再生産と流通〉から成る。第3巻は,第1編〈剰余価値の利潤への転化と,剰余価値率の利潤率への転化〉,第2編〈利潤の平均利潤への転化〉,第3編〈利潤率の傾向的低下の法則〉,第4編〈商品資本と貨幣資本の,商品取扱資本と貨幣取扱資本への転化(商人資本)〉,第5編〈利子と企業者利得とへの利潤の分裂,利子生み資本〉,第6編〈超過利潤の地代への転化〉,第7編〈収入とその源泉〉から成る。
【第1巻の構成】
 第1~2編で,商品→貨幣→資本のカテゴリーの展開を後づけ,とくに商品の章で〈労働の二重性〉に基づくマルクス特有の労働価値説と〈価値形態〉論とを提示し,やがて〈労働力の売買〉を媒介に第3編以下の生産過程の分析に入っていく。…

【利潤】より

…資本家にとっての関心は,これら資本の全体がどれほどの剰余価値を生み出すかということである。剰余価値を資本全体の価値(マルクスはこれを費用価格と呼ぶ)で割った比率が利潤率であり,資本家間の競争によって利潤率は一様化する。このとき資本家の獲得する利潤は投下された資本の価値にこの一様化した利潤率を掛け合わせた額となる。…

※「利潤率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

利潤率の関連情報