コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布巻(き) ヌノマキ

デジタル大辞泉の解説

ぬの‐まき【布巻(き)】

織り上がった布に折り目やしわのできるのを防ぎ、縦糸と横糸のゆがみを正すために、布を木製の棒や鉄板に巻きつけること。
千巻(ちま)き」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の布巻(き)の言及

【織機】より

…そこから引き出された経糸は綾棒(あやぼう)または綾竹(あやたけ)と呼ばれる細長い棒Dで1本おきに上下に振り分けられ,次の綾棒D′でその上下を逆にして経糸の順序が横方向に乱れるのを防いでいる。綾棒を通過した経糸は1本ずつ針金で作られた綜絖(そうこう)(ヘルド)Eの中央にある小さい穴(目)に通され,ついで櫛状に並べられた棒(筬羽(おさは))を枠で固定した筬Fの各間隙を2本から数本いっしょに通された後,いくつかのガイドを経てクロスビーム(布巻(ぬのまき))Kに巻かれている。このように経糸を綜絖などに通し,織機にかけることを引込みおよび機掛け(はたがけ)という。…

※「布巻(き)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

布巻(き)の関連キーワード富山名産 昆布巻かまぼこかんぴょう(干瓢)昆布巻き・昆布巻桂文治(初代)練り製品・塩辛コンブ(昆布)千巻き・千巻落語の演題かんぴょうシシャモかまぼこ距離測量包み焼き昆布巻き御節料理口取りホース富山県ミイラ芝居噺

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android