コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千巻(き) チマキ

デジタル大辞泉の解説

ち‐まき【千巻(き)】

織機の部品の一。織り上がった織物を巻き取るための木製の棒。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の千巻(き)の言及

【地機】より

…このため有機台傾斜機に分類される。経巻具は緒巻(おまき)または千切(ちぎり),布巻具は千巻(ちまき)とも呼ばれる。綜絖は依然として単綜絖で,中筒(なかづつ)の前方に置かれ,平織しか作ることはできない(一部ではもじり綜絖も用いられた)。…

※「千巻(き)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

千巻(き)の関連キーワード湛海(1)橋本八十郎小倉 正恒古今要覧稿木蘇 岐山村上忠順脇坂安元榊原芳野藤原定信賀茂季鷹和気広世木蘇岐山角倉素庵弘文院楊万里グレー倪瓚玄奘二酉布巻