コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝国教会 ていこくきょうかいReichskirche[ドイツ]

世界大百科事典 第2版の解説

ていこくきょうかい【帝国教会 Reichskirche[ドイツ]】

一般にカロリング帝国および神聖ローマ帝国において,皇帝の超自然的権威とゲルマン的私有教会制に基づき,皇帝を直接の守護者とする司教・大司教教会や大修道院を指す用語。ただし,ローマ・ビサンティン帝国の教会組織や,18世紀半ばのドイツ,オーストリアの反ローマ主義教会についても用いられることがある。この体制は特にオットー諸帝の教会政策によって強化され,やがて叙任権闘争を誘発した。【今野 国雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

帝国教会の関連キーワードハインリヒ2世(聖王)オットー1世(大帝)ハインリヒ(2世)コンラート(2世)ハインリヒ[2世]ドイツ・キリスト者オットー(1世)クリュニー修道院ビザンティン音楽インムニテートハインリヒ3世ドイツ教会闘争ウォルムス協約レガーリエン帝国教会政策オットー3世ザクセン朝ザリエル朝コプト教会ドイツ史

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android