コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝国教会 ていこくきょうかいReichskirche[ドイツ]

世界大百科事典 第2版の解説

ていこくきょうかい【帝国教会 Reichskirche[ドイツ]】

一般にカロリング帝国および神聖ローマ帝国において,皇帝の超自然的権威とゲルマン的私有教会制に基づき,皇帝を直接の守護者とする司教・大司教教会や大修道院を指す用語。ただし,ローマ・ビサンティン帝国の教会組織や,18世紀半ばのドイツ,オーストリアの反ローマ主義教会についても用いられることがある。この体制は特にオットー諸帝の教会政策によって強化され,やがて叙任権闘争を誘発した。【今野 国雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

帝国教会の関連キーワードハインリヒ2世(聖王)オットー1世(大帝)ドイツ・キリスト者ハインリヒ(2世)コンラート(2世)ハインリヒ[2世]オットー(1世)ビザンティン音楽クリュニー修道院ハインリヒ3世ドイツ教会闘争ウォルムス協約インムニテート帝国教会政策レガーリエンオットー3世ザクセン朝ザリエル朝コプト教会ドイツ史

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android