コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝釈川ダム たいしゃくがわダム

2件 の用語解説(帝釈川ダムの意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕帝釈川ダム(たいしゃくがわダム)


神竜湖(しんりゅうこ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

帝釈川(たいしゃくがわ)ダム

広島県庄原市から神石郡神石高原町にまたがる地区、高梁川水系帝釈川に位置する水力発電用のダム。1924年竣工のアース重力式コンクリートダムで、総貯水量は14,278,000立方メートル。当初は非越流型重力式コンクリートダムとして造成された。完成時の堤高56.9メートル(現在は62.1メートル)は、当時の日本一。3度の再開発を行なっており、最後の再開発は平成18年に実施されている。ダム湖の神龍湖に架かる神龍橋は、土木学会の近代土木遺産国の登録有形文化財に選定されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

帝釈川ダムの関連キーワード雨竜湖伴流雲竜扱心流謙信流新柳満洲源流考神竜湖晋流吉原真竜

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone