師走狐(読み)しわすぎつね

精選版 日本国語大辞典「師走狐」の解説

しわす‐ぎつね しはす‥【師走狐】

〘名〙 師走の頃の狐。そのなき声がこんこんと特に冴(さ)えて聞こえるという。
狂言記末広がり(1660)「師走狐(シハスギツネ)のごとく、こんこんといふほどはって御ざる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「師走狐」の解説

しわす‐ぎつね〔しはす‐〕【師走×狐】

師走ごろのキツネ。鳴き声が特にさえて聞こえるという。
「―の如く、こんこんといふほど張ってござる」〈狂言記・末広がり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android