帰る朝(読み)カエルアシタ

デジタル大辞泉の解説

かえる‐あした〔かへる‐〕【帰る朝】

[連語]男が女に会って一夜を過ごしたのちに別れる翌朝。きぬぎぬ。
「明けぬとて待つ宵よりも七夕は―やわびしかるらむ」〈宇津保・藤原の君〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かえるあした【帰る朝】

( 連語 )
男が女のもとで、一夜を共にして帰るその朝。きぬぎぬ。 「たなばたの-の天の河/後撰 秋上

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帰る朝の関連情報