帳尻を合わす(読み)ちょうじりをあわす

精選版 日本国語大辞典「帳尻を合わす」の解説

ちょうじり【帳尻】 を=合(あ)わす[=合(あ)わせる]

① 帳簿の最終的計算を過不足なく行なう。
※雑俳・水加減(1817)「是もよし・帳尻合す黒鼠」
② 転じて、物事のつじつまを合わせる。
※プールサイド小景(1954)〈庄野潤三〉「いったい、この人生の帳尻をどんなにして合せるのか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android