コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庄野潤三 しょうのじゅんぞう

5件 の用語解説(庄野潤三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

庄野潤三
しょうのじゅんぞう

[生]1921.2.9. 大阪,住吉
[没]2009.9.21. 神奈川,川崎
小説家。安岡章太郎吉行淳之介小島信夫らとともに「第三の新人」と呼ばれた。1943年九州大学東洋史学科を繰り上げ卒業して海軍に入る。第2次世界大戦後,教職を経て朝日放送に勤め,そのかたわら小説を発表していたが,その後文筆業に専念する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょうの‐じゅんぞう〔シヤウのジユンザウ〕【庄野潤三】

[1921~2009]小説家。大阪の生まれ。児童文学作家庄野英二の弟。「第三の新人」の一人。「プールサイド小景」で芥川賞受賞。家庭のささやかな日常を描き続ける。他に「静物」「夕べの雲」「絵合せ」など。芸術院会員。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

庄野潤三【しょうのじゅんぞう】

小説家。大阪生れ。児童文学者庄野英二は兄。九州帝国大学東洋史学科卒。海軍予科学生。戦後,教員などをしながら同人誌に作品を発表。いわゆる〈第三の新人〉の一人として注目される。
→関連項目安岡章太郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

庄野潤三 しょうの-じゅんぞう

1921-2009 昭和後期-平成時代の小説家。
大正10年2月9日生まれ。庄野英二の弟。「第三の新人」のひとりとして知られ,昭和30年「プールサイド小景」で芥川賞。家庭の日常に取材した作品をかきつづけ,35年「静物」で新潮社文学賞,41年「夕べの雲」で読売文学賞,46年「絵合せ」で野間文芸賞。47年「明夫と良二」で毎日出版文化賞,赤い鳥文学賞,48年芸術院賞。53年芸術院会員。平成21年9月21日死去。88歳。大阪出身。九州帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

庄野潤三
しょうのじゅんぞう
(1921―2009)

小説家。大正10年2月9日大阪に生まれた。兄に児童文学作家庄野英二がいる。父貞一の創立した帝塚山(てづかやま)学院の小学部から、住吉中学、大阪外国語学校を経て九州帝国大学法文科で東洋史を専攻する。中学時代の国語教師に伊東静雄がおり、大学時代は島尾敏雄(としお)、林富士馬(ふじま)(1914―2001)らと交わり、1943年(昭和18)同人誌『まほろば』を刊行した。同年、戦時(第二次世界大戦)の繰り上げ卒業のあと、海軍予備学生から少尉に任官、伊豆で敗戦を迎えた。復員後、大阪府立今宮(いまみや)中学、市立南高校などに勤務するかたわら、1946年(昭和21)島尾、林らと同人誌『光耀(こうよう)』を創刊。『愛撫(あいぶ)』(1949)、『舞踏』(1950)などで注目される。朝日放送に入社後、1953年東京支社に転勤し、安岡章太郎、吉行淳之介(じゅんのすけ)らいわゆる「第三の新人」の仲間に加わった。『プールサイド小景』(1954)によって第32回芥川(あくたがわ)賞を受賞。
 初期の作品は、小市民の家庭の微妙な危機があらわされている。長編『ザボンの花』(1956)あたりからその危機は作品の背後に潜められるようになった。1957年(昭和32)ロックフェラー財団の奨学金を得てアメリカに留学、『ガンビア滞在記』(1959)を得た。このころ「第三の新人」たちの同様なアメリカ留学が続いた。さらに『静物』(1960)によって新潮社文学賞を受賞したあたりで名声は定まった。『浮き燈台(とうだい)』(1961)、『流れ藻(も)』(1967)、『紺野機業場』(1969。芸術選奨)などは聞き書き風の作品であるが、徹底して事実に即し、自分の見聞したことだけを書くという姿勢に貫かれている。『夕べの雲』(1965。読売文学賞)は、多摩丘陵の一角に居を構えた夫婦と子供たちのささやかに平和な日常を、細心のいたわりをもって描く。庄野文学の本領である。この作風は『絵合せ』(1971。野間文芸賞)、『明夫と良二』(1972。赤い鳥文学賞、毎日出版文化賞)と続いている。
 1970年代後半から80年代には、アメリカ留学の回想である『シェリー酒と楓(かえで)の葉』(1978)や『ガンビアの春』(1980)を、またイギリス旅行を機に『陽気なクラウン・オフィス・ロウ』(1984)を発表した。『ぎぼしの花』(1985)、足柄(あしがら)山の雑木林の中の一家の生活を描く連作小説『インド綿の服』(1988)などもある。1990年代以降になると、孫とのふれあいや老夫婦の生活などをテーマとするものが多くなる。『さくらんぼジャム』(1994)、『貝がらと海の音』(1996)、『ピアノの音』(1997)、『せきれい』(1998)、『庭のつるばら』(1999)、そして『夕べの雲』から35年の月日が流れ、2人になった多摩丘陵の老夫婦の暮らしを描く『鳥の水浴び』(2000)へと続く。その後の作品に『山田さんの鈴虫』(2001)、『うさぎのミミリー』(2002)などがある。
 なお、『クロッカスの花』(1970)、『エイヴォン記』(1989)などの随筆や、師友を回顧する『文学交遊録』(1995)もある。1973年(昭和48)芸術院賞受賞。78年芸術院会員となる。[鳥居邦朗]
『『庄野潤三全集』全10巻(1973~74・講談社) ▽『浮き燈台』(1979・新潮社) ▽『シェリー酒と楓の葉』(1978・文芸春秋) ▽『ガンビアの春』(1980・河出書房新社) ▽『陽気なクラウン・オフィス・ロウ』(1984・新潮社) ▽『ぎぼしの花』(1985・講談社) ▽『エイヴォン記』(1989・講談社) ▽『さくらんぼジャム』(1994・文芸春秋) ▽『ピアノの音』(1997・講談社) ▽『せきれい』(1998・文芸春秋) ▽『庭のつるばら』(1999・新潮社) ▽『鳥の水浴び』(2000・講談社) ▽『山田さんの鈴虫』(2001・文芸春秋) ▽『うさぎのミミリー』(2002・新潮社) ▽『明夫と良二』(岩波少年文庫) ▽『ガンビア滞在記』(中公文庫) ▽『プールサイド小景』『文学交遊録』『貝がらと海の音』(新潮文庫) ▽『夕べの雲』『絵合せ』『紺野機業場』『インド綿の服』(講談社文芸文庫) ▽『ザボンの花』(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

庄野潤三の関連キーワード千葉治平青木和夫岩崎敏夫江幡修三相良亨辻隆長岡毅中義勝伴義雄樋渡宏一

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

庄野潤三の関連情報