コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常滑古窯址 とこなめこようし

1件 の用語解説(常滑古窯址の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常滑古窯址
とこなめこようし

知多半島中央部の愛知県常滑市,半田市を中心として,知多半島の丘陵地帯のほとんど全域にわたり分布する窯跡。総数は1万基に近く日本六古窯中最大の規模である。常滑古窯の製品は大型甕を代表とし,壺,羽釜,鉢,山茶碗,山皿さらに瓦や陶錘などがあり,関東・中部・近畿地方はもちろん東北地方,四国,九州からも発見されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常滑古窯址の関連キーワード愛知県常滑市奥条愛知県常滑市金山愛知県常滑市熊野愛知県常滑市久米愛知県常滑市古場愛知県常滑市栄町愛知県常滑市瀬木町愛知県常滑市多屋愛知県常滑市千代愛知県常滑市矢田

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone