コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知多半島 ちたはんとう

7件 の用語解説(知多半島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

知多半島
ちたはんとう

愛知県南部,伊勢湾に突出した半島。東部の渥美半島とともに三河湾を囲む。南北 40km,東西の幅は最大 14km,最小 5km。尾張丘陵の延長で,洪積台地新第三紀層の丘陵が多く,標高は平均 100m前後。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちた‐はんとう〔‐ハンタウ〕【知多半島】

愛知県南西部、伊勢湾に突出する半島。愛知用水が縦貫する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

知多半島【ちたはんとう】

愛知県西部の半島。西の伊勢湾,東の知多湾を分ける。おもに第三系の低い丘陵地が広がり,中央部を愛知用水が縦貫,米,園芸野菜の栽培が盛ん。北部の東海市,知多市の伊勢湾岸は臨海工業地帯をなす。
→関連項目愛知[県]愛知用水知多[市]日間賀島

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちたはんとう【知多半島】

愛知県の南西部に位置する半島。西は伊勢湾に,東は三河湾西部の知多湾と衣浦(きぬうら)湾に面し,半島先端は渥美半島相対する。東西5~14km,南北40kmの細長い半島で,先端部海上には篠(しの)島日間賀(ひまか)島佐久島などの小島が浮かぶ。野間~片名を結ぶ線以北は地形・地質的に尾張丘陵の延長部にあたり,第三紀の瀬戸累層に対比される常滑(とこなめ)累層がその主体をなしている。常滑累層は層厚数百mに及び,下部から基底レキ岩としての豊丘層(厚さ約60m),その上に粘土,シルト層と砂層の互層が重なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちたはんとう【知多半島】

愛知県南西部、伊勢湾に突き出す半島。1961年(昭和36)愛知用水が通水し、園芸・酪農が発達。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕知多半島(ちたはんとう)


愛知県南西部、名古屋市南部から南へ延びる半島。伊勢(いせ)湾と知多湾を分け、先端沖に篠(しの)島・日間賀(ひまか)島などが浮かぶ。南の渥美(あつみ)半島とともに三河(みかわ)湾を抱く。長さ約35km、幅5~14km。かつては知多木綿の製造で知られ、西岸の常滑(とこなめ)市は陶器、東岸の半田(はんだ)市は酢などの醸造業が盛ん。1961年(昭和36)愛知用水が完成、南部では花卉(かき)・ミカンの栽培が盛んになった。基部西岸は名古屋南部臨海工業地帯、東岸は衣浦(きぬうら)臨海工業地帯。南部や篠島・日間賀島名古屋市近郊の行楽地。観光農園や海水浴場などがある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

知多半島
ちたはんとう

愛知県名古屋市南方、伊勢(いせ)湾に突出する南北に細長い半島。長さ40キロメートル、幅5~14キロメートル。先端沖に島嶼(とうしょ)群を散在させ、伊勢湾と三河湾を分ける。地形は「北低南高型」の丘陵で、標高は北部約40メートル、中部約70メートル、野間―河和(こうわ)を結ぶ以南の先端部は90~100メートルで南行するほど高くなっている。尾張(おわり)丘陵との間には大高―大府断層が走っている。地質は全般に新第三紀層で、中北部は常滑(とこなめ)層群、南部は師崎(もろざき)層群(砂岩、頁(けつ)岩)からなり、地層は北に傾斜し、先端部にはみごとな海食崖(がい)がみられる。地学上注目されている小佐(おざ)(南知多町)の「砂岩脈」は地震の際の液状化の化石ともいわれ、内海(うつみ)の「礫岩(つぶていわ)」一帯は領家(りょうけ)変成岩で海底地すべりの証左とされている。離島の日間賀(ひまか)島は師崎層群の砂岩・頁岩の互層、篠(しの)島は全島が花崗(かこう)岩からなっている。
 気候は一般に温暖で年平均気温15℃内外、年降水量は1500ミリメートル内外で、かつては多数の溜池(ためいけ)群によって水田耕作が行われたが、愛知用水通水後は乏水性が解消された。沿岸部の中部以北には遠浅の海を埋め立てた名古屋南部、衣浦(きぬうら)両臨海工業地域が形成され、南部は海水浴場、観光ミカン園、釣りなどの観光地域になっている。[伊藤郷平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の知多半島の言及

【愛知[県]】より

…豊川河谷に沿って中央構造線が走るが,その南側の外帯には赤石山脈から続く弓張山地を経て,渥美半島の骨格をなす秩父古生層の山地が点在する。尾張の東部は鮮新・更新統からなる知多半島に続き,瀬戸陶土層,常滑ケツ岩層に多量に含まれる陶土は瀬戸,常滑の窯業地帯を支えている。濃尾平野(尾張平野)は面積約1800km2と関東平野に次ぐ日本で第2の平野であり,北から犬山を扇頂とした木曾川扇状地,自然堤防地帯,三角州低地と続く。…

【愛知用水】より

…木曾川の水を濃尾平野東部の尾張丘陵と知多半島へ送る多目的用水。木曾川上流御嶽(おんたけ)山麓に建設した牧尾ダム(長野県王滝村,三岳村。…

※「知多半島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

知多半島の関連情報