コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐山樝子 トキワサンザシ

デジタル大辞泉の解説

ときわ‐さんざし〔ときは‐〕【×磐山×樝子】

バラ科の常緑低木。枝にとげがあり、葉はやや幅広く縁に小さなぎざぎざがある。5、6月ごろに白い花が咲き、10、11月ごろに丸い実が多数房状について濃赤色に熟す。ヨーロッパ南部の原産

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ときわさんざし【常磐山樝子】

バラ科の常緑低木。南ヨーロッパ原産。庭木とする。葉は狭倒卵形。六月頃、短枝の先に白色の小花を散房花序につけ、秋、小さな扁球形の果実を結んで赤色に熟す。ピラカンサ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

常磐山樝子の関連キーワードピラカンサ散房花序倒卵形庭木短枝

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android