常駐プログラム(読み)ジョウチュウプログラム

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

常駐プログラム

コンピューターの起動とともに自動的に起動する種類のプログラム。簡単な操作でアプリケーションを呼び出したり、アプリケーションやハードウェアの操作などを状況に応じて自動的に起動するなど、さまざまな処理ができる。常にネットワークやシステムの状態を監視するセキュリティー・ソフトや、インスタント・メッセンジャー、スクリーンセーバー、Windowsのガジェットなどがある。Windowsの場合、常駐プログラムの一部は画面右下のシステムトレイにアイコンが表示されており、呼び出しや設定の変更などの操作ができる。常駐プログラムは、ソフトウェアのインストールなどによって、自動的に組み込まれるものが多く、知らず知らずのうちに増えていく。これは、常駐プログラムが増えると多くのメモリー領域を占有してしまうため、メモリー不足の原因になる。使わない常駐プログラムを自動的に起動しないように設定を変更することで解消できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android