常駐(読み)じようちゆう

ASCII.jpデジタル用語辞典「常駐」の解説

常駐

システム起動時にプログラムメモリーに読み込み、そのままメモリー上に保持すること。そうしたプログラムのことを「常駐プログラム」と呼ぶ。シングルタスクが基本のMS-DOSでは小型の常駐プログラムを併用することがあった。代表的なものはVzエディタ(ビレッジセンター)。Macintosh用としてはStuffIt Delux 4.0Jの「StuffIt SpaceSaver」など。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「常駐」の解説

じょう‐ちゅう〔ジヤウ‐〕【常駐】

[名](スル)
いつも駐在・駐屯していること。「係員を常駐させる」
コンピューターで、プログラムやデータが内部記憶装置(メモリー)の一定の場所に常にあること。
[類語]駐在駐箚在留

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「常駐」の解説

じょう‐ちゅう ジャウ‥【常駐】

〙 いつも駐在していること。
※土地収用法(1951)三条「土石の捨場、材料の置場、職務上常駐を必要とする職員の詰所又は宿舎」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android