コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幢主 どうしゅ

1件 の用語解説(幢主の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

どうしゅ【幢主】

朝鮮の高句麗,新羅の武官名。4世紀ごろからモンゴル族など北方異民族の軍団名に幢という訳語が用いられた。6世紀の高句麗では,最高武官名に大幢主があり,幢主はその下位の武官名と推定される。幢主の武官名は6世紀中葉以降の新羅でさかんに使用された。そのもっとも早い用例は,561年建立の真興王拓境碑の一つ昌寧碑に,軍主の下の地方武官名として見られる。6世紀後半から7世紀中葉にかけて,新羅の中央軍団は貴族の私兵で構成され,その軍団名や私兵の部隊名に幢を付けるものが多く,それぞれの司令官は某幢幢主と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

幢主の関連キーワード高句麗高麗三国史記新羅朝鮮三国高句麗もくり遁げる蒙古高句麗玄菟郡吉備小梨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone