コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幢主 どうしゅ

世界大百科事典 第2版の解説

どうしゅ【幢主】

朝鮮の高句麗新羅の武官名。4世紀ごろからモンゴル族など北方異民族の軍団名に幢という訳語が用いられた。6世紀の高句麗では,最高武官名に大幢主があり,幢主はその下位の武官名と推定される。幢主の武官名は6世紀中葉以降の新羅でさかんに使用された。そのもっとも早い用例は,561年建立の真興王拓境碑の一つ昌寧碑に,軍主の下の地方武官名として見られる。6世紀後半から7世紀中葉にかけて,新羅の中央軍団は貴族の私兵で構成され,その軍団名や私兵の部隊名に幢を付けるものが多く,それぞれの司令官は某幢幢主と呼ばれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android