コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真興王拓境碑 しんこうおうたくきょうひ

1件 の用語解説(真興王拓境碑の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんこうおうたくきょうひ【真興王拓境碑】

朝鮮,新羅の真興王は高句麗と百済の間隙をついて三方に領域を大いに広め(拓境),その記念に各地に碑を建て人民を慰撫(いぶ)した。真興王巡狩碑とも真興王巡狩管境碑とも称される。従来次の4碑が知られ,1978年に忠清北道丹陽の山城跡で発見された赤城碑を加えると5碑になる。(1)昌寧碑 慶尚南道昌寧郡にある。真興王23年(562)の大伽耶(昌寧に近い高霊加羅)討伐に先立ち,前年に臣下と会盟した記念の碑。561年建立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone