コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真興王拓境碑 しんこうおうたくきょうひ

1件 の用語解説(真興王拓境碑の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんこうおうたくきょうひ【真興王拓境碑】

朝鮮,新羅の真興王は高句麗と百済の間隙をついて三方に領域を大いに広め(拓境),その記念に各地に碑を建て人民を慰撫(いぶ)した。真興王巡狩碑とも真興王巡狩管境碑とも称される。従来次の4碑が知られ,1978年に忠清北道丹陽の山城跡で発見された赤城碑を加えると5碑になる。(1)昌寧碑 慶尚南道昌寧郡にある。真興王23年(562)の大伽耶(昌寧に近い高霊加羅)討伐に先立ち,前年に臣下と会盟した記念の碑。561年建立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

真興王拓境碑の関連キーワード高句麗三国史記三国時代新羅真興王高句麗もくり遁げる蒙古高句麗阿比多莫古弥至己知

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone