真興王拓境碑(読み)しんこうおうたくきょうひ

世界大百科事典 第2版の解説

しんこうおうたくきょうひ【真興王拓境碑】

朝鮮,新羅の真興王は高句麗と百済の間隙をついて三方に領域を大いに広め(拓境),その記念に各地に碑を建て人民を慰撫(いぶ)した。真興王巡狩碑とも真興王巡狩管境碑とも称される。従来次の4碑が知られ,1978年に忠清北道丹陽の山城跡で発見された赤城碑を加えると5碑になる。(1)昌寧碑 慶尚南道昌寧郡にある。真興王23年(562)の大伽耶(昌寧に近い高霊加羅)討伐に先立ち,前年に臣下と会盟した記念の碑。561年建立。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android