平三郎(読み)たいら さぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平三郎 たいら-さぶろう

1908-1969 昭和時代の緯度観測員。
明治41年11月5日生まれ。大正12年岩手県水沢市にある国立緯度観測所にはいる。1ミクロン以下のクモの糸を採集し,緯度観測のための望遠鏡「視天頂儀」の接眼レンズに張りつける仕事を40年以上にわたってつづけ,観測に貢献した。昭和42年吉川英治文化賞。昭和44年9月3日死去。60歳。岩手県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平三郎の関連情報