コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平三郎 たいら さぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平三郎 たいら-さぶろう

1908-1969 昭和時代の緯度観測員。
明治41年11月5日生まれ。大正12年岩手県水沢市にある国立緯度観測所にはいる。1ミクロン以下のクモの糸を採集し,緯度観測のための望遠鏡「視天頂儀」の接眼レンズに張りつける仕事を40年以上にわたってつづけ,観測に貢献した。昭和42年吉川英治文化賞。昭和44年9月3日死去。60歳。岩手県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

平三郎の関連キーワード岩野 平三郎(1代目)近代国家における自由桂文治(4代)(1)塩野義三郎(2代)岩野平三郎(2代)岩野市兵衛(8代)清松斎一杉(初代)岡野松寿(9代)博多淡海(初代)桂文治(4世)フィッギス大川慶次郎上尾庄次郎二重造影法近藤平三郎文清舎冲澄鈴木重次桑岡貞佐木下菊潭雲肌麻紙

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android