コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平井収二郎 ひらい しゅうじろう

2件 の用語解説(平井収二郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平井収二郎 ひらい-しゅうじろう

1835-1863 幕末の武士。
天保(てんぽう)6年7月14日生まれ。土佐高知藩士。土佐勤王党に参加。藩主山内豊範(やまうち-とよのり)にしたがい京都へいき,尊攘(そんじょう)運動を展開。また青蓮院宮(しょうれんいんのみや)の令旨(りょうじ)で藩政を改革しようとして,前藩主山内豊信(とよしげ)の怒りをかい,文久3年6月8日切腹した。29歳。名は義比。号は隈山(わいざん)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平井収二郎

没年:文久3.6.8(1863.7.23)
生年:天保7(1836)
幕末の土佐(高知)藩士,勤王運動家。幼名幾馬,通称収二郎,本名義比。文武を修め,特に史書に通じた。文久1(1861)年,土佐勤王党結成に参画し幹部となる。2年,藩論は尊王攘夷に傾き,藩主山内豊範を擁して京都に押し出した。時に諸藩の勤王運動家が続々上洛,薩長土3藩の運動が群を抜いた。収二郎は,小南五郎衛門,武市瑞山らと他藩応接役を勤め,別勅使三条実美東下の際は京都にとどまり,薩長両藩の軋轢緩和などに奔走。しかし,勤王党が構想する藩政運営方針を藩庁が容れないのを憂慮,間崎滄浪,弘瀬健太らと中川宮朝彦親王の令旨を獲得,大隠居豊資を擁立する改革推進を工作した。これが隠居山内容堂(豊信)の逆鱗に触れ,3年6月,切腹の刑に処せられた。

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平井収二郎の関連キーワード秋沢貞之五十嵐文吉石川潤次郎尾崎幸之進沢村総之丞島村衛吉島村真潮那須信吾久松喜代馬細木核太郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone