コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

令旨 りょうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

令旨
りょうじ

皇太子,三后 (太皇太后,皇太后,皇后) ,親王内親王女院仏門に入った皇子が意を下達するときの奉書形式の文書。平安時代後期以降のものが伝わる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

令旨【りょうじ】

古文書の一つ。皇太子・三后(太皇太后,皇太后,皇后)・中宮・親王の命を伝える文書。奈良・平安時代のもので伝わるものは少なく,中世には奉書の形のものが多い。なお出家して延暦寺や仁和(にんな)寺等の門主(もんす)になった皇族が出す文書,また女院の出す文書も旨という。
→関連項目以仁王

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りょうじ【令旨】

皇太子の言詞あるいはその意を奉じた文書。三后(皇后,皇太后,太皇太后)のものもこれに準ずる。公式令の令旨式によると,令を受けた人が春宮坊(とうぐうぼう)に口頭で伝え,春宮坊から文書にして皇太子(三后)に施行の許可を求める。これに対し皇太子(三后)みずから日付を書き加えることになっていた。これは正文として保管され,さらに1通を写して施行する。施行の方法は,春宮坊(中宮職)の(げ)によって太政官(だいじようかん)へ上申される場合と,その他の諸司へ(い)または(ちよう)によって伝達される場合とがあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りょうじ【令旨】

皇太子と三后の命令を下達する文書。のち、女院・親王・諸王らの文書にもいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

令旨
りょうじ

皇太子、皇后、皇太后、太皇太后の命令を伝えるため発行された文書。公式令(くしきりょう)に書式の規定がみえるが、この種の令旨は現存せず、平安時代以降盛んとなった奉書様式の令旨が伝存している。またこのころから、親王・女院(にょいん)や、仁和寺(にんなじ)・延暦寺(えんりゃくじ)などの門跡(もんぜき)となった皇族、准三后(じゅさんごう)の出す文書や、摂関家ほかで発行した宣旨(せんじ)様式の文書も令旨とよばれた。現在、南北朝時代に活躍した南朝方の親王発給の令旨が多く残っている。[百瀬今朝雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の令旨の言及

【公家様文書】より

…また上卿から外記(げき)に命じて発給させる外記方宣旨,上卿から弁に命じ,弁から史に命じて作成される弁官方宣旨,遥任の国司や大宰帥が多くなったため,在国の官人に国司や帥の命を伝える国司庁宣,大府宣もこの系統である。公家様文書溯源の第2は,私文書たる書状の系譜を引くもので,綸旨(りんじ),院宣,令旨(りようじ)(公式様とは別),御教書(みぎようしよ),長者宣などである。貴人の側近に仕える人(天皇の場合は蔵人,上皇の場合は院司)が主人の仰せを承り,書状の形式で相手に伝えるもので,本来私文書であるが,仰せの主体の権威がそのまま文書の効力に機能した。…

※「令旨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

令旨の関連キーワード治承・寿永の内乱治承・寿永の内乱平井収二郎神宮皇学館満良親王間崎滄浪竹原八郎安田義定五条頼元武田信義結城親朝新田義貞赤松則村弘瀬健太赤松範資護良親王広義門院戸野兵衛高間行秀坊門資世

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android