コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都市自治体法 としじちたいほう

百科事典マイペディアの解説

都市自治体法【としじちたいほう】

1835年に英国で成立した都市自治体に関する改革立法。従来英国の都市自治体は少数の自由民だけが役職につく権利をはじめ特権にあずかっている寡頭支配体制のもとにあり,それが〈腐敗〉の原因になっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

としじちたいほう【都市自治体法 Municipal Corporation Acts】

19世紀のイギリスにおける都市行政の改革立法をいう。とくに中世来の都市行政を大きく改革した1835年の法律が有名である。19世紀にいたるまでのイギリスの都市自治体は,少数の自由民freemenだけに自治体構成員の特権を限定し,市長,特別参事会員aldermen,一般参事会員common councilmen,治安判事等の役職を,その自由民中の有力者で独占するという,閉鎖的な寡頭支配体制であった。しかし,1835年の都市自治体法は,178の旧都市自治体を廃止して,そのすべてに市参事会town councilを創設し,これを市政の中心機関とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

都市自治体法の関連キーワードリバプール(イギリス)メルバーン

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android