コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平均関税率 へいきんかんぜいりつaveraged tariff rate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平均関税率
へいきんかんぜいりつ
averaged tariff rate

一国の関税率を平均したもの。通常,品目ごとの輸入量で関税率を加重平均する方法がとられており,一国の市場開放度を示す指標として国際比較に用いられる。しかし,計算が複雑であることなどから,国際比較データとしてはより計算が容易な関税負担率が用いられることが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

平均関税率の関連キーワードスムート=ホーレー法

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android