関税負担率(読み)かんぜいふたんりつ(英語表記)tariff burden ratio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関税負担率
かんぜいふたんりつ
tariff burden ratio

関税収入額を総輸入額で割った比率のこと。輸入額から無税品の輸入を除いた有税品輸入額で関税収入額を割った有税品関税負担率を指すこともある。関税負担率は関税水準の国際比較によく用いられる。日本の場合,1956年に行なった関税体系の大改正により,関税負担率は上昇していった。その後,ケネディ・ラウンド,東京ラウンドなどの多国間交渉による関税率の引き下げにより低下し,80年代を通じて2~3%台で推移している。これは,先進国の中でも低いほうである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android