コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平安典 たいらの やすのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平安典 たいらの-やすのり

?-? 平安時代前期の官吏。
桓武(かんむ)天皇の皇子仲野親王の孫。輔世(すけよ)王の子。仁和(にんな)元年(885)平姓をあたえられ,従五位下にすすみ,少納言になる。のち相模守。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

平安典の関連キーワード官吏

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android