コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平目地 ヒラメジ

デジタル大辞泉の解説

ひらめ‐じ〔‐ヂ〕【平目地】

蒔絵(まきえ)の地蒔きの一。平目粉をまき、透き漆を塗って研ぎ出したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひらめじ【平目地】

蒔絵まきえの地蒔きの一。金銀の平目粉を漆面に筒蒔きし、上に透き漆を塗り、研ぎ出したもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の平目地の言及

【蒔絵】より

…研ぎ出すと銀地に墨絵が浮き上がる。(2)地蒔 沃懸(いかけ)地,金地,平目地,平塵(ひらちり)地,梨地,塵地,石目(いしめ)地などがある。これらは塵地を除いて研出蒔絵に併用されるか,単独で研ぎ出される。…

※「平目地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平目地の関連キーワード目地金銀蒔絵

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android