平目地(読み)ヒラメジ

大辞林 第三版の解説

ひらめじ【平目地】

蒔絵まきえの地蒔きの一。金銀の平目粉を漆面に筒蒔きし、上に透き漆を塗り、研ぎ出したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の平目地の言及

【蒔絵】より

…研ぎ出すと銀地に墨絵が浮き上がる。(2)地蒔 沃懸(いかけ)地,金地,平目地,平塵(ひらちり)地,梨地,塵地,石目(いしめ)地などがある。これらは塵地を除いて研出蒔絵に併用されるか,単独で研ぎ出される。…

※「平目地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android