透漆(読み)すきうるし

精選版 日本国語大辞典「透漆」の解説

すき‐うるし【透漆】

〘名〙 透明度の高い漆。梨子地漆や木地蝋漆に用いられ、油を混合して春慶漆・朱合(しゅあい)漆・透塗立(すきぬりたて)漆にも用いられる。最盛期の八月に採取した盛物(さかりもの)の生漆を用い、水分を除いて透明度をよくする。
※青井戸(1972)〈秦恒平〉「干菓子は透き漆のさわらの輪花盆に青と白の吹き寄せだった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の透漆の言及

【漆工芸】より

…精製漆は,生漆を攪拌して漆を均一にする〈なやし〉,太陽熱などを利用して漆の水分をとり粘稠(ねんちゆう)性をもたせる〈くろめ〉という工程を加えたものである。こうしてつくられたものを透漆(すきうるし)というが,これに鉄分を加えると黒漆になる。黒漆は無油の呂色漆(ろいろうるし),有油の塗立漆(ぬりたてうるし)がおもなもので,透漆は無油の木地呂漆と有油の朱合漆が主である。…

※「透漆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android