コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平知康 たいらの ともやす

2件 の用語解説(平知康の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平知康 たいらの-ともやす

?-? 平安後期-鎌倉時代の武士。
平知親(ともちか)の子。鼓の名手で鼓判官(ほうがん)とよばれた。後白河法皇につかえ,寿永2年(1183)源義仲(みなもとの-よしなか)の法住寺御所攻めの際,防衛にあたったが敗れて検非違使(けびいし)の職をとかれる。のち鎌倉で源頼家(よりいえ)につかえ,頼家幽閉後京都にかえった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平知康

生年:生没年不詳
平安末・鎌倉初期の官人。知親の子。検非違使左衛門尉。父が壱岐守であったので壱岐判官,また鼓の名手で鼓判官とも呼ばれる。父と共に後白河院に近侍,源平内乱期には院の「第一近習者」とみなされる。養和1(1181)年平清盛により解官されるが,清盛死後すぐ復帰。さらに後白河法皇の信頼厚く,寿永2(1183)年法住寺合戦では大将として防衛に当たるが敗れ,木曾義仲により解官。翌年義仲が滅亡し再び復帰するが,文治2(1186)年源義経与同の件で頼朝により解官。その弁明のため鎌倉に下向し,頼朝死後,頼家に蹴鞠によってとりたてられ側近く仕える。建仁3(1203)年頼家幽閉後,帰京を命ぜられた。

(奥田環)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平知康の関連キーワード検非違使検断随兵検非違使庁検非違使所検非違使別当非違領送使靫負庁藤原光雅

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone