名手(読み)なて

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「名手」の解説

名手
なて

和歌山県北部,紀の川市東部の旧町域。名手市場ともいう。 1914年町制施行。 1955年王子村,狩宿村,上名手村,麻生津村と合体して那賀町となり,2005年4町と合体しての川市となった。紀ノ川中流北岸の河岸段丘上に位置し,大和街道と西高野街道 (→高野街道 ) の分岐点にあたる宿場町として発展ミカンカキ () の産地

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「名手」の解説

めい‐しゅ【名手】

〘名〙
① すぐれた腕前の人。すぐれた技量がある人。名人妙手
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「古き墨画あり。〈〉皆名手の筆にて、其価尤も不貲なり」 〔北史‐崔季舒伝〕
将棋などで、非常にうまい手。妙手。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「名手」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android