名手(読み)なて

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名手
なて

和歌山県北部,紀の川市東部の旧町域。名手市場ともいう。 1914年町制施行。 1955年王子村,狩宿村,上名手村,麻生津村と合体して那賀町となり,2005年4町と合体して紀の川市となった。紀ノ川中流北岸の河岸段丘上に位置し,大和街道と西高野街道 (→高野街道 ) の分岐点にあたる宿場町として発展。ミカン,カキ (柿) の産地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

めい‐しゅ【名手】

すぐれた技量をもつ人。名人。「射撃の名手」「バイオリンの名手
碁・将棋などで、うまい手。妙手。「名手を打つ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

めい‐しゅ【名手】

〘名〙
① すぐれた腕前の人。すぐれた技量がある人。名人。妙手
米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「古き墨画あり。〈略〉皆名手の筆にて、其価尤も不貲なり」 〔北史‐崔季舒伝〕
② 碁・将棋などで、非常にうまい手。妙手。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名手の関連情報