コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後白河法皇 ごしらかわほうおう

防府市歴史用語集の解説

後白河法皇

 平安時代末の天皇で、わずか3年しか天皇ではありませんでしたが、上皇[じょうこう]として長く院政[いんせい]を行います。出家して、法皇と呼ばれるようになりました。1180年に東大寺が焼かれてしまうと、重源[ちょうげん]を責任者にして東大寺再建を行わせました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

百科事典マイペディアの解説

後白河法皇【ごしらかわほうおう】

後白河天皇

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

後白河法皇の関連キーワード式子内親王伝年中行事絵巻鹿ヶ谷事件鹿ヶ谷の議新熊野神社若王子神社千載和歌集生島経菊丸中原清業大江公朝常盤光長清原則季梁塵秘抄清浄華院梶原景時藤原信頼金銅宝塔厳島内侍高倉天皇大原御幸

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後白河法皇の関連情報