コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平草 ヒラクサ

デジタル大辞泉の解説

ひら‐くさ【平草】

テングサ科の紅藻。房総半島以南のやや深い海に産する。長さ約40センチ。紫紅色で、羽状に枝分かれし、平たい。寒天原料

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひらくさ【平草】

紅藻類テングサ目の海藻。漸深帯深部の岩上に生育。大形で高さは20~30センチメートル。主枝は厚みがあり、小枝は密につき羽裂する。寒天の原料。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

平草の関連キーワードアヘン戦争白浜(町)藤原時平海藻小枝生育

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android