コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平野昌伝 ひらの しょうでん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平野昌伝 ひらの-しょうでん

?-? 江戸時代後期の測量家。
久留島義太(くるしま-よしひろ)の門下。江戸本所で数学塾をひらいた。寛政9年(1797)「蛮法町見(ばんぽうちょうけん)術」をあらわし,オランダの半円儀をつかった三角法による測量術をはじめて説いた。暦法にも通じた。通称は善兵衛。号は悟黙軒,寤黙軒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

平野昌伝の関連キーワード久留島義太

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android