コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久留島義太 クルシマヨシヒロ

6件 の用語解説(久留島義太の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くるしま‐よしひろ【久留島義太】

[1690ころ~1757]江戸中期の数学者。備中(びっちゅう)の人。本姓は村上。通称、喜内(きない)。独学で和算を学び、行列式の展開や円理などを研究した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久留島義太 くるしま-よしひろ

?-1758* 江戸時代中期の和算家。
備中(びっちゅう)(岡山県)松山藩士村上義寄の子。江戸で吉田光由著「塵劫記(じんこうき)」をよんで独習,関孝和系の中根元圭(げんけい)にもまなび,独創的な業績をのこす。詰将棋の創作にもすぐれた。一時,松永良弼(よしすけ)とともに陸奥(むつ)平藩(福島県)藩主内藤政樹につかえた。宝暦7年11月29日死去。通称は喜内。号は沾(扇)数(せんすう)。著作に「平方零約之術」「将棊妙案」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

久留島義太

没年:宝暦7.11.29(1758.1.8)
生年:生年不詳
江戸中期の和算家。独学で数学を修め,江戸で数学指南をしていた折に中根元圭に見いだされる。享保15(1730)年平藩主内藤政樹に仕え,延享4(1747)年に内藤氏が延岡に移封された際には同地に6年間ほど赴いている。酒と将棋を愛し,奇行の多い人だったが,その破天荒な性格を補って余りあるほどの独創的な数学者であった。久留島自身に数学の草稿を残す意図は皆無だったので,山路主住のような弟子達が集めたわずかな遺稿でしか彼の業績はうかがえない。当時最先端の円理を発展させただけでなく,極値問題,行列式のラプラス展開,魔方陣,整数論のオイラー関数などの仕事が知られている。松永良弼との間には親密な交流があり,松永の著書には久留島の影響が多分にあると考えられている。詰将棋の創作もした。<参考文献>日本学士院編『明治前日本数学史』3巻,加藤平左衛門『久留島義太の業績』

(佐藤賢一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

くるしまよしひろ【久留島義太】

?‐1757(宝暦7)
江戸中期の数学者。通称喜内,沾(扇)数と号した。父は村上佐助義寄といい,備中松山城主水谷左京亮に仕えた。水谷家断絶後は父子とも浪人となる。姓を久留島と改める。義太は独学で数学者として大成したという。中根元圭に見いだされ,数学の力がさらにのびた。弟子の山路主住によれば,義太は天衣無縫で酒を愛し,地位や名誉をかえりみなかったようである。延岡の藩主内藤政樹に数学を教えるのに,酒を飲まねば教えなかったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くるしまよしひろ【久留島義太】

1690頃~1757) 江戸中期の数学者。備中の人。本姓、村上。通称、喜内。奇行で知られる。ラプラース展開やオイラー関数などを、ヨーロッパよりも早く発見していたといわれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久留島義太
くるしまよしひろ
(?―1757)

江戸中期の和算家。本姓村上。通称は喜内。備中国(びっちゅうのくに)(岡山県)松山藩の浪人。江戸に出て、露店で『塵劫記(じんごうき)』を買い、これ1冊で算法指南の看板を掲げて指南をした。中根元圭(げんけい)の道場破りにあったが、中根は義太の非凡の才を認め、後援を惜しまなかったので、義太の学力は急に伸びた。1730年(享保15)算学をもって内藤政樹(磐城(いわき)国〈福島県〉平(たいら)藩主、のち日向(ひゅうが)国〈宮崎県〉延岡(のべおか)藩主)に召し抱えられた。3年後には学友松永良弼(よしひろ)を主君に推挙し、久留島は国元で、松永は江戸にあって、技能を研鑽(けんさん)しあった。久留島は独創的な人物で、今日残っている断片もその天才をうかがわせる。しかし性格は豪放で、その創意を整理記述することをしなかった。また松永の死後は刺激を失ったためか、その後の業績は存在しない。[大矢真一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の久留島義太の言及

【数学パズル】より

…和紙が虫に食われやすいことに着目して,加減乗除の計算に欠落個所を作ったパズルである。図4は藤田貞資著の《精要算法》(1781)にある代表的な虫食算であるが,最初に紹介したのは久留島義太著の《算梯》(稿本のため年代不詳)であるらしい。今日の虫食算は図5‐aのような形態となり,小学生や中学生でも取り組めるようになっている。…

【魔方陣】より

…立体方陣も平面の場合と同様に,対称,相結などが考えられる。立体四方陣はP.deフェルマーが最初に作ったが,4本の立体対角線の成立するものは久留島義太が初めて作った。
【歴史】
 中近東でもっとも古い方陣を集めたものに,989年ころのイスラムの百科事典がある。…

【和算】より

…彼は暦算の助手として京都の中根元圭を呼び,吉宗に推挙した。中根は,建部の業績を松永良弼(1690ころ‐1744)や久留島義太(?‐1757)に伝えた。久留島は天才と呼ばれるにふさわしい数学者であるがまとめることをせず,親友の松永の著作中にその多くが含まれていると思われる。…

※「久留島義太」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

久留島義太の関連キーワード和算家内田秀富川北朝鄰栗田久巴斎藤宜長宅間能清千葉六郎土屋温斎逸見満清山田正重

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone