暦法(読み)れきほう

精選版 日本国語大辞典「暦法」の解説

れき‐ほう ‥ハフ【暦法】

〘名〙 こよみに関する学問。また、こよみを制定する基準法則
※制度通(1724)一「後世中国より法わたりたる上」 〔新唐書‐暦志一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「暦法」の解説

れき‐ほう〔‐ハフ〕【暦法】

こよみに関する学問。また、暦を作る基準。法則。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の暦法の言及

【暦】より

…1日を単位として長い時間を年,月,日によって数える体系。その体系を構成する暦法,またはそれを記載した暦表,暦書をいうこともある。光陰は百代の過客にしてと李白の詩にもあるように,時間は無限の過去から無限の将来へと連続して流れていく。…

※「暦法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android