門下(読み)もんか

精選版 日本国語大辞典「門下」の解説

もん‐か【門下】

〘名〙
① 門の下。邸内。また、人のもとに近く伺候すること。また、食客。門客。
※本朝麗藻(1010か)下・奉和藤原才子登天台山之什〈源為憲〉「珍重君辞名利境、空王門下立遑々」
※御湯殿上日記‐文明一八年(1486)九月二八日「もんかの人よりおり三かう、御たる三かまいる」 〔戦国策‐斉策〕
② ある宗教の師の弟子となり、教えをうけること。また、その人。門人。門弟。
※正法眼蔵(1231‐53)弁道話「いまこの仏祖正伝の門下には、〈略〉仏法を住持せしむ」
③ ある学問や技芸の先生の弟子となり、教えを受けること。また、その人。門下生。門弟。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)二「連誹は西山宗因の門下(モンカ)と成」 〔後漢書‐承宮伝〕
④ 門跡(一)②を敬っていう語。書札礼で宛所の下に敬意を表するためにつける脇付(わきづけ)などに用いられた。
※名語記(1275)五「人のもとへ消息のうはがきに、うやまうには、かならず下をかけり。他人を申も同じ。殿下、禅下、貴下、幕下、門下これてい也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「門下」の解説

もん‐か【門下】

師の門に入り、教えを受けること。また、その人。門人。門弟。「門下に入(い)る」
門の下。また、人のもとに近く伺候すること。転じて、食客。
「―の人より折三かう」〈御湯殿上日記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android