門下(読み)モンカ

デジタル大辞泉の解説

もん‐か【門下】

師の門に入り、教えを受けること。また、その人。門人。門弟。「門下に入(い)る」
門の下。また、人のもとに近く伺候すること。転じて、食客。
「―の人より折三かう」〈御湯殿上日記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もんか【門下】

その人を師として、直接教えを受ける者。門人。門弟。 「 -には優れた歌人が多い」
近くに伺候すること。また、食客。 「 -の人より折三がう、御樽三かまゐる/御湯殿上 文明一八

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

門下の関連情報