コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年取り トシトリ

デジタル大辞泉の解説

とし‐とり【年取り】

年齢が加わること。加年。加齢。
新年を迎えること。また、大晦日(おおみそか)または節分の夜に年を取ることを祝って行う儀式。 冬》「―が済みて炬燵(こたつ)に炉に集ひ/素十

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

としとり【年取り】

年を取ること。年齢が多くなること。加年。
大晦日おおみそかの夜行う年越しの行事。おとしとり。 [季] 冬。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の年取りの言及

【正月】より

…暦の上での1年の切れめを祝う新年の行事。新年を迎えることを,年取り,年越しともいう。大晦日から元日にかけての行事に主体があるが,ほぼ1月いっぱい続く。…

※「年取り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

年取りの関連キーワード年重ねの祝い・年重ねの祝スカラ座[ロンドン]ニューゲート監獄カドミウム汚染日ソ漁業条約バスティーユ桜井 小太郎道具の年取り六日年越し国会議事堂グローブ座大根の年夜渋谷(区)はやり正月消費者団体日比谷公園畑作儀礼女の正月小野毛人鹿鳴館

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

年取りの関連情報