幸田 宗丸(読み)コウダ ムネマル

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

幸田 宗丸
コウダ ムネマル


職業
俳優

生年月日
大正9年 5月30日

出身地
熊本県 熊本市

経歴
幼い頃から俳優を志し、終戦後パン屋で働きながら劇団文化座で活動。のち初期のテレビ界へ。NHKドラマ「バス通り裏」などに出演。日本テレビ「ダイヤル110番」の刑事役がハマリ役となり、以後刑事ドラマに多数出演。「特ダネ記者」「ゴリラ」などに出演した。昭和48年頃からは時代劇の悪役を演じ、平成元年「暴れん坊将軍」で頭を剃って以後、スキンヘッドを続けた。晩年は「大岡越前」(TBS)の脇役としても活躍。

没年月日
平成10年 7月9日 (1998年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android