大岡越前

デジタル大辞泉プラスの解説

大岡越前

吉川英治の長編時代小説。1950年刊行。森一生監督・大河内傳次郎主演の映画「阿修羅判官」(1951)、田中徳三監督・長谷川一夫主演の映画「裁かれる越前守」(1962)、の原作

大岡越前

日本のテレビドラマシリーズのひとつ。放映はTBS系列。江戸時代屈指の名奉行といわれた大岡越前の活躍を描く時代劇。1970年の放映開始から1999年までの間に全15シリーズが制作・放映された。また2006年にはシリーズ完結作となる単発のスペシャルドラマが制作された。原案は葉村彰子。出演加藤剛、竹脇無我、山口崇、平淑恵、高橋元太郎ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

おおおかえちぜん〔おほをかヱチゼン〕【大岡越前】

テレビ時代劇。江戸南町奉行大岡忠相の活躍を描く。昭和45年(1970)放映開始。以後、断続的に15のシリーズ作品が製作・放映された。第一シリーズの監督は佐々木康、内出好吉ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大岡越前の関連情報