コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

底抜け屋台 ソコヌケヤタイ

デジタル大辞泉の解説

そこぬけ‐やたい【底抜け屋台】

祭りなどのときに出す、床(ゆか)のない踊り屋台。周囲の囲いだけで、囃子方(はやしかた)はその中の地上に立って屋台とともに歩きながらはやしていく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そこぬけやたい【底抜け屋台】

江戸の山王祭・神田祭などに出た床のない踊り屋台。周囲の構えだけで、中にいる囃子方はやしかたは地上を屋台と一緒に歩きながら鳴り物をならしてはやした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

底抜け屋台の関連キーワード祭囃子鳴り物山王祭神田祭

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android