コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屋台/屋体 ヤタイ

デジタル大辞泉の解説

や‐たい【屋台/屋体】

道路・広場などで立ち売りの商売をするための台を設けた、屋根付きの小さな店。台車をつけたり、自動車を改造したりして移動できるものもいう。屋台店。床店(とこみせ)。
祭礼のときなどに、飾り物をしたり、踊り手や囃子方(はやしかた)をのせたりして練り歩く、小屋形の台。もと御神体を祭って持ち運ぶためのもの。山車(だし)。練り物。檀尻(だんじり)。「踊り―」
能・歌舞伎などで、宮殿・社寺・家屋として舞台上にしつらえる作り物や大道具。
家・店のつくり。また、家をののしっていう語。
「これの―が三浦屋と申すべいか」〈伎・伊達競阿国戯場

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やたい【屋台】

(1)屋形のついた移動できる台で,祭礼民俗芸能の引きもの,能の作り物,歌舞伎の大道具などの名称。屋体とも書く。祭礼の引きものには山車(だし),山,(ほこ),地車だんじり)等があり,これらを総称して屋台ともいう。山車や山,鉾には来臨する神の目印として柱を高くかかげるといい,地車の類には屋形だけで柱がない。民俗芸能では,屋形のついた車に舞台風のものを作り,踊り手や囃子方がその上に乗って歌舞や芝居などを演じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

屋台/屋体の関連キーワード福岡市の屋台原則一代限り規制福岡市屋台基本条例のポイント練り物・練物・邌り物福島県福島市置賜町福岡市屋台指導要綱ニュートンサーカス鹿沼ぶっつけ秋祭り立ち飲み・立飲み栃木県鹿沼市銀座立ち食い・立食い岐阜県高山市桜町北見じまん村レンガ横丁ブギス通り波止場横丁檀尻・楽車山車の祭りらっせらあ底抜け屋台夜鳴き饂飩