コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屋台/屋体 ヤタイ

2件 の用語解説(屋台/屋体の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

や‐たい【屋台/屋体】

道路・広場などで立ち売りの商売をするための台を設けた、屋根付きの小さな店。台車をつけたり、自動車を改造したりして移動できるものもいう。屋台店。床店(とこみせ)。
祭礼のときなどに、飾り物をしたり、踊り手や囃子方(はやしかた)をのせたりして練り歩く、小屋形の台。もと御神体を祭って持ち運ぶためのもの。山車(だし)。練り物。檀尻(だんじり)。「踊り―」
能・歌舞伎などで、宮殿・社寺・家屋として舞台上にしつらえる作り物や大道具。
家・店のつくり。また、家をののしっていう語。
「これの―が三浦屋と申すべいか」〈伎・伊達競阿国戯場

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やたい【屋台】

(1)屋形のついた移動できる台で,祭礼や民俗芸能の引きもの,能の作り物歌舞伎大道具などの名称。屋体とも書く。祭礼の引きものには山車(だし),山,鉾(ほこ),地車(だんじり)等があり,これらを総称して屋台ともいう。山車や山,鉾には来臨する神の目印として柱を高くかかげるといい,地車の類には屋形だけで柱がない。民俗芸能では,屋形のついた車に舞台風のものを作り,踊り手や囃子方がその上に乗って歌舞や芝居などを演じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

屋台/屋体の関連キーワード出で立ち自家営業商売柄商売人商売屋中売り脇売り座商立売り裁売り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone