屋台(読み)ヤタイ

デジタル大辞泉「屋台」の解説

や‐たい【屋台/屋体】

道路・広場などで立ち売りの商売をするための台を設けた、屋根付きの小さな店。台車をつけたり、自動車を改造したりして移動できるものもいう。屋台店床店とこみせ
祭礼のときなどに、飾り物をしたり、踊り手や囃子方はやしかたをのせたりして練り歩く、小屋形の台。もと御神体を祭って持ち運ぶためのもの。山車だし。練り物。檀尻だんじり。「踊り―」
能・歌舞伎などで、宮殿・社寺・家屋として舞台上にしつらえる作り物や大道具
家・店のつくり。また、家をののしっていう語。
「これの―が三浦屋と申すべいか」〈伊達競阿国戯場
[類語](1露店夜店売店スタンド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「屋台」の解説

やたい【屋台】

(1)屋形のついた移動できる台で,祭礼や民俗芸能の引きもの,能の作り物,歌舞伎の大道具などの名称。屋体とも書く。祭礼の引きものには山車(だし),山,鉾(ほこ),地車(だんじり)等があり,これらを総称して屋台ともいう。山車や山,鉾には来臨する神の目印として柱を高くかかげるといい,地車の類には屋形だけで柱がない。民俗芸能では,屋形のついた車に舞台風のものを作り,踊り手や囃子方がその上に乗って歌舞や芝居などを演じる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android