囲い(読み)カコイ

デジタル大辞泉の解説

かこい〔かこひ〕【囲い】

周囲を取り巻くこと。「苗木にわらで囲いをする」
周囲を取り巻くもの。特に、塀や垣根など。「畑に囲いをする」
野菜などを出盛りの季節の後まで蓄えておくこと。また、その場所。「囲いがきく」
囲い者」の略。
《茶道の祖珠光(じゅこう)慈照寺の四畳半を方丈になぞらえ、ついたてなどで囲ったところから》茶室
和船の、垣立(かきたつ)
将棋の陣形の一。金将銀将王将を取り巻いて守る形。矢倉囲い美濃(みの)囲いなど。
(「鹿恋」とも書く)江戸時代、上方の遊女で、太夫天神に次ぐ位の者。囲い女郎。
「名を知らぬ―さへ、これはと心を動かすは」〈浮・一代男・七〉
[下接語](がこい)板囲い仮囲い霜囲い外囲い道安(どうあん)囲い・船(ふな)囲い・美濃(みの)囲い矢倉囲い雪囲い藁(わら)囲い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例