コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

囲い カコイ

デジタル大辞泉の解説

かこい〔かこひ〕【囲い】

周囲を取り巻くこと。「苗木にわらで囲いをする」
周囲を取り巻くもの。特に、塀や垣根など。「畑に囲いをする」
野菜などを出盛りの季節の後まで蓄えておくこと。また、その場所。「囲いがきく」
囲い者」の略。
《茶道の祖珠光(しゅこう)が慈照寺の四畳半を方丈になぞらえ、ついたてなどで囲ったところから》茶室。
和船の、垣立(かきたつ)。
将棋の陣形の一。金将・銀将で王将を取り巻いて守る形。矢倉囲い・美濃(みの)囲いなど。
(「鹿恋」とも書く)江戸時代、上方の遊女で、太夫・天神に次ぐ位の者。囲い女郎。
「名を知らぬ―さへ、これはと心を動かすは」〈浮・一代男・七〉
[下接語](がこい)板囲い仮囲い霜囲い外囲い道安(どうあん)囲い・船(ふな)囲い・美濃(みの)囲い矢倉囲い雪囲い藁(わら)囲い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

囲いの関連キーワードオープンカウンターバッティングケージオイルフェンス囲ひ女郎露天風呂葦簀囲い太鼓女郎一尺八寸地取り碁柵矢来布丸太藁囲い囲い米囲い籾竹矢来相矢倉井戸側削り際囲壁鳥舎

囲いの関連情報