囲い(読み)カコイ

デジタル大辞泉「囲い」の解説

かこい〔かこひ〕【囲い】

周囲を取り巻くこと。「苗木にわらで囲いをする」
周囲を取り巻くもの。特に、垣根など。「畑に囲いをする」
野菜などを出盛りの季節の後まで蓄えておくこと。また、その場所。「囲いがきく」
囲い者」の略。
《茶道の祖珠光じゅこう慈照寺の四畳半を方丈になぞらえ、ついたてなどで囲ったところから》茶室
和船の、垣立かきたつ
将棋の陣形の一。金将銀将王将を取り巻いて守る形。矢倉囲い美濃みの囲いなど。
(「鹿恋」とも書く)江戸時代、上方の遊女で、太夫天神に次ぐ位の者。囲い女郎。
「名を知らぬ―さへ、これはと心を動かすは」〈一代男・七〉
[下接語](がこい)板囲い仮囲い霜囲い外囲い道安どうあん囲いふな囲い・美濃みの囲い矢倉囲い雪囲いわら囲い
[類語](1囲み包囲遠巻き囲繞/(2垣根フェンス生け垣築地忍び返しまがき外郭牆壁しょうへき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android