底方も知らず(読み)そこいもしらず

精選版 日本国語大辞典の解説

そこい【底方】 も 知(し)らず

限りが知れない。はてが知れない。そこいなし。
※土左(935頃)承平四年一二月二七日「棹させどそこひもしらぬわたつみの深きこころをきみにみるかな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる