わたつみ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「つ」は「の」の意の古い格助詞。「海つ霊(み)」の意。後世は「わたづみ」「わだづみ」「わだつみ」とも)
① (海神) 海の神。その地方地方の海、雨、水をつかさどるといわれる。海神。わたつみのかみ。海(わた)の神。
※書紀(720)神代上「少童、此れをば和多都美(ワタツミ)と云ふ」
② (海の神がいる所の意から転じて) 海。海原。
※万葉(8C後)一・一五「渡津海(わたつみ)の豊旗雲に入日さし今夜の月夜さやけかりこそ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

わたつみの関連情報