わたつみ

精選版 日本国語大辞典「わたつみ」の解説

わた‐つ‐み

〘名〙 (「つ」は「の」の意の古い格助詞。「海つ霊(み)」の意。後世は「わたづみ」「わだづみ」「わだつみ」とも)
① (海神) 海の神。その地方地方の海、雨、水をつかさどるといわれる。海。わたつみのかみ。海(わた)の神。
書紀(720)神代上「少童、此れをば和多都美(ワタツミ)と云ふ」
② (海の神がいる所の意から転じて) 海。海原
万葉(8C後)一・一五「渡津海(わたつみ)豊旗雲に入日さし今夜の月夜さやけかりこそ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android