度者(読み)どしゃ

精選版 日本国語大辞典「度者」の解説

ど‐しゃ【度者】

仏語剃髪出家することを許された得度者。年分(ねんぶん)度者と臨時度者とがある。
※続日本紀‐天平一三年(741)閏三月甲戌「奉八幡神宮秘錦冠一頭、金字最勝王経・法華経各一部、度者十人、封戸馬五疋

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「度者」の解説

ど‐しゃ【度者】

剃髪ていはつして出家することを許された者。また、沙弥しゃみとなった者。得度者。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の度者の言及

【得度】より

…今日では僧となること,出家する意味に用いられる場合が多い。得度者は略して度者(どしや),度人ともいわれ,官許によるものと,ひそかに出家する私度僧に分けられる。官許の得度には,官大寺などに年間数人ずつ得度させる年分度者(ねんぶんどしや)の制度のほかに,天変地異や天皇貴族の病気全快や追善のために臨時に数人,あるいは多数の男女を得度させる場合があった。…

※「度者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android