コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座敷童 ザシキワラシ

デジタル大辞泉の解説

ざしき‐わらし【座敷童】

東北地方で、旧家に時折現れるといわれる家の守り神童形で顔が赤く、髪をおかっぱにしており、時にはいたずらもするが、いなくなると家が没落すると伝えられる。ざしきぼっこ。くらぼっこ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ざしきわらし【座敷童】

岩手県を中心とした東北地方でいわれる家の精霊、およびそれに関する俗信。童形で顔が赤く、おかっぱ頭をしているという。旧家の奥座敷に出現し、家の繁栄を守護するといわれる。ざしきぼっこ。くらわらし。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

座敷童の関連キーワード見えざるモノの生き残りコーボルト東北地方座敷童子家の神岩手県奥座敷妖怪繁栄俗信精霊

座敷童の関連情報