旧家(読み)キュウカ

  • きゅうか キウ‥
  • きゅうか〔キウ〕
  • きゅうけ キウ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 昔から続いてきた家。由緒のある家柄。久しくその土地に住んできた家。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「藤(ふぢ)の丸は旧家(キウカ)なり」
※家(1910‐11)〈島崎藤村〉上「お前さまの祖母様(おばあさま)や母上様(おっかさま)は皆な立派な旧家から来ておいでる」 〔李商隠‐上崔相国啓〕
② もと住んでいた家。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二八「今日漸く旧家(キウカ)を尋ぬれば、建築形を改め趣を異にす」
〘名〙 近世、新家(しんけ)に対して天正年間(一五七三‐九二)以前から家系が続いている公家をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旧家の関連情報