旧家(読み)きゅうか

精選版 日本国語大辞典「旧家」の解説

きゅう‐か キウ‥【旧家】

〘名〙
① 昔から続いてきた。由緒のある家柄。久しくその土地に住んできた家。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「藤(ふぢ)の丸は(キウカ)なり」
※家(1910‐11)〈島崎藤村〉上「お前さまの祖母様(おばあさま)や母上様(おっかさま)は皆な立派な旧家から来ておいでる」 〔李商隠‐上崔相国啓〕
② もと住んでいた家。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二八「今日漸く旧家(キウカ)を尋ぬれば、建築形を改め趣を異にす」

きゅう‐け キウ‥【旧家】

〘名〙 近世新家(しんけ)に対して天正年間(一五七三‐九二)以前から家系が続いている公家をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android